婚活女子はワンピースやスカートを用意

凄腕婚活コンサルタントさんのお話。

婚活は期間を決めて短く。

婚活女子が婚活に入会を希望する時に、必ずお見合い前にスカート、

ワンピースを最低で も2、3着は用意してもらうそうです。

写真用、お見合い用、デート用で使用するためです。

 

しかし、婚活女子のなかでも素直にすぐ用意をする人と、

「スカートははけない」と拒否する人がいる そうです。

 

拒否する理由を尋ねると、

「男に媚びているみたいで嫌」

「服装より内面を見てほしい」

「パンツスタイルのほうが私らしい」

ともっともらしいことを言われるそうなのです。

ただしこれは、自分の考えであって

本当に結婚を希望しているのなら主観を抜きにして、

実際に必要な事を聞き入れるべきなのです。

 

そこで、このコンサルタントさんは次のように言うそうです。

「会った瞬間に男性はあなたを『女として見られるか、見られないか』を判断しています。

それも最初の6秒で決めてしまうの。

どんなに気の利いたことを言ったり、 楽しい会話ができたとしても、

『女として見られない』というジャッジがくだったら、 結果は簡単にひっくり返らないわよ」

 

この「最初の6秒で女として見られるか」の判断は、

「7割が女として見られる、 3割が見られない」というデータからきているとのこと。

 

だから、たとえば、10人の女性がいたら「7人の女」に入るために、

女性らしい服装、さわやかな色気が必要という理由からスカートをすすめているわけです。

 

スカートが「好き」「嫌い」の感覚ではなく、

統計データや確率から考えて、スカ ートを用意するようすすめている。

 

凄腕婚活コンサルタントさんいわく、

「スカートは、男性がはかないからこそ、女性らしい服装なのです。

わざわざパンツをはいて、3割の「女として見られない』を選ぶ確率を上げなくても良いですよね。」と。

実に納得できるお話ですよね。

 

「結婚したい」

「お見合いを成功させたい」

という女性の目標を叶えるために、

「スカートが好き嫌い」という主観ではなく、

あくまで客観データから「スカートをはいて もらう」。

目標を叶えるためには、主観を抜きにして、

データから導き出したロジカル的 な視点が必要なのです。

 

どうでしょうか。

この話を聞いてもまだパンツスタイルで婚活デートをしますか。

婚活女性の多くが、男性に求める男らしさも

女性にはない部分に惹かれるからなのですよね。

スカートやワンピースがない婚活女子には、

ぜひご用意をしていただきたいです。

おすすめの記事