ネガティブな感情はコントロールする

婚活しているといろいろな感情を経験します。

その中でも婚活女子にコントロールしてほしいのは

ネガティブな感情です。

 

ポジティブな感情はどんどん出して、 ネガティブな感情はコントロールするのです。

 

シチュエーションによって、感情の表現は臨機応変に対応するのが、

人間関係、特に婚活女子に重要な男性との人間関係を良くするためのコツになります。

 

遊園地やイベントに行ったら、バカ騒ぎをして楽しむ。

でも、友人の相談に乗って いるのであれば、うなずいて話を聞いたり、解決策を考える。

ポジティブな感情は、どんどん出していきます。

感覚的には、かなりオーバー表現するイメージです。

 

女性同士であれば感覚を察知しやすいのですが、

男性は感覚を察知する能力が女性ほど高くないため、わかりやすく伝える必要があるからです。

 

「ありがとう」

「うれしい」

「楽しい」

言葉と一緒にリアクションをとってオーバーに表現すると、とても効果的です。

 

デートで高級レストランに行き、

クールに装うよりも、

「すごくおいしい。すてきな店に連れてきてくれてありがとう。」

とわかりやすく言葉にするほうが、男性は喜んでくれます。

当たり前のようにご飯を食べる人よりも、

「とてもおいしいです。ありがとうございます!」と言って食べてくれるほうが、

おごりがいがあると言われます。

実際 自分自身がご馳走した人からのリアクションも

言葉にしてもらった方がうれしいはずです。

 

逆に、ネガティブな感情はできるだけコントロールしたほうがいいでしょう。

不機嫌な態度をとって周囲を不快にさせたり、気を遣わせてしまっても、いいことはありません。

 

ここではネガティブな感情を整理、コントロールする際に、

とっておきの方法をご紹介します。

 

次の3つは、心理学、脳科学的にも効果がある方法です。

1、感覚が落ち着くまで深呼吸をする

2、まったく違うことを考える

3、自分が落ち着く方法を知っておく

 

例えば胸がザワザワするような感覚になったら、 「深呼吸」をします。

深呼吸をして気持ちを落ち着かせている方は多いかと思います。

 

その中でもより効果が出る深呼吸のポイントがあります。

それは、「吸う」より「吐く」ことに意識を向けるというものです。

できるかぎり、 息を吐き出して、吸うのは、なりゆきに任せる。

それを3回ほど繰り返すだけで、感情が落ち着いてきます。

落ち着いたら、事実だけを客観的に見るようにします。

 

それでもうまくいかなければ、感覚が発生した場所から移動します。

一度、その場からすぐに離れるのです。

 

そこで、自分の顔を鏡やスマホのカメラで見るとよいでしょう。

客観的に自分を見ると、冷静になれます。

 

また、とっさに全然違うことを考えるようにするのもおすすめです。

スマホで楽しい写真や動画を見たりして

笑顔になれる気持ちになると良いです。

 

しかし、

自分にとって重大な出来事だと、簡単に感情をコントロールするのは難しいものです。

でも、日々のちょっとした出来事でネガティブ感情を発生させるのは、

思考を止めることはできます。

 

人それぞれ効果も方法も違ってきますので

あらかじめ自分の気持ちが落ち着く方法を探しておくとよいでしょう。

こうした感情のコントロールをすることで

今よりも良い婚活ができるようになるでしょう。

おすすめの記事