婚活女子は男と女の脳が違うことを知っておく

婚活女子に知っておいてほしい大切な事。

 

婚活女子は、男と女は脳が違うことを知っておくだけで、

イライラが減り、お互いの関係が良くなります。

 

男性と女性は、脳の使い方が違います。

男性は、1つのことに集中するのが得意で、論理的です。

一方、女性は、複数のことを同時に進めることが得意で、感覚が優れています。

この違いがわかっているだけでも、あなたの悩みは減るはずです。

→婚活女子に知っていてほしい根本的な男女の違い

→婚活する上で理解していく男女の違い

 

この違いがわかりやすく出るのは、ドライブデートです。

男性は、目的地を決めたら、そこに早く到着したいと考えます。

男性が運転をしているのであれば、運転することに集中しています。

しかし、そこで女性から

途中に有名なお店があるみたいだから寄ってみたい。

と言うと、男性は混乱をします。

目的地に早く到着する方法を考え、集中しているため、

遮られることを嫌うのが男性です。

女性は、目的地に早く到着することよりも、

この時間を一緒に過ごすドライブが楽しいので、車中でおしゃべりをしたり、

ふらっと思いつきで立ち寄りを提案します。

 

極端な話、目的地についてもいいし、つかなくてもいいわけです。

根本が違うので、お互いのことが理解できずイライラしたり、

ケンカしたりします。

複数のことを同時並行で考えるのが得意な分、

複数の悩みを抱えやすいのも、女性です。

また、察する力が優れているからこそ、

何かが起きる前に、予測して悩んで考えてしまいます。

相手が疲れた顔をしていることを察し、

女性は 「私、なにか怒るようなことをしたかしら?」

「不機嫌そうだから、今話しかけないほうがいいかな。

でも早く伝えないとならないし。」

と勝手にいろいろと考え、悩み、気を遣います。

こうなってしまうのは、女性が影響しているのです。

 

男女の脳は、会話をするときにも大きな違いが出てきます。

女性は、「ただ聞いてほしい」

「共感してほしい」という傾向が強いことに対して、

男性は、「解決策を求める」傾向が強いと言われています。

 

女性はその日の出来事を話し、共感をしてほしかっただけなのですが、

男性は解決策を伝える事が思いやりだと思って答えます。

正論を突きつけられると、女性はしっくりこないのです。

→婚活女子は話を聞いてほしいだけなら女友達へ

 

共感してほしい女性は、

大変だったね。とか

頑張ったね。と共感の言葉が欲しかったので

予想外の返事に

以前に同じようなことをして解決した事を蒸し返してしまったりします。

 

女性同士であれば、

労いの言葉をかけることが当たり前かもしれません。

男性にとって労いの言葉をかけることは至難の業なのです。

→婚活女子が男性にわかってほしい気持ちの伝え方

 

男性が解決策を伝えてくれるのは、女性への思いやりです。

そこで話を聞いてもらう前に、

今日あった話をただ聞いてほしくて。

と前置きをするようにしてみてください。

 

そのひと言を付け加えるだけで、きっとあなたの話に共感してくれるはずです。

話をする前に、

相手に話を聞いてほしいだけでいいことを知ってもらう

とっておきの言葉なのです。

 

おすすめの記事