婚活女子が男性との距離を置くとき

婚活女子が男性との距離をおいた方が良い時。

 

それはネガティブな感情が溢れて、不安な時です。

根本的な男女の違いの中で

感情的になるという事は女性にとって本能的なものだったりします。

→婚活で学ぶ男女の違い

 

婚活中・恋愛している時は特に、嫉妬、束縛、依存の負の感情に支配されやすいものです。

付き合っている彼が冷たくなったと感じたり、

心が離れたかもしれないと焦った時 に負のパワーを爆発させて、

一瞬にしてこの恋を終わらせてしまったりしてしまうのです。

問題があってシェアしたい女性と一人で解決しようとする男性とでは

解決方法が異なるからです。

→婚活女子のありがちな失敗をしない成功のコツ②

 

話をする事でトラブルを解決できる女性は、

ネガティブな感情をもって不安になっている時に男性に感情をぶつけて

何とかしようとしがちです。

こういう時に男性がどう思っているかなどは聞かない方が良いのです。

女性は紐解くように、いろいろ聞くことで解決しようとしますが、

男性は責められて、追い詰められてしまっているとしか思いません。

 

つまり、女性のしている事は自爆なのです。

感情にまかせて彼に負の感情をぶつけしまう。

男性の悪いところや違っていることへの指摘、

自分の気持ちをわかってほしいという押しつけです。

男性から考えたらその行動、言葉がさらにダメ押しとなり、疲れ切ってしまい、

別れる事もあるのです。

 

そのため、男女の根本的な違いを理解をしていても、

負の感情で押さえられなくなってしまい事も想定をして、その間は男性と距離を置くことを

お勧めいたします。

 

そうすることで感情的な行動をとる事もないでしょう。

仕事に集中したり、趣味に没頭したりして男性と一緒にいる時間を意図的に減らしましょう。

それでも負の感情が込み上げてきて、男性に言いたいことが募ってきたら、

その思いを紙に書き出して発散しましょう。

彼にどうして欲しいのか、何を言いたいのか を書きなぐってみましょう。

そして、3日後にその紙を見ても同じ考えなら行動に移してもいいですが、

きっと言わなくてよかった。と思うはずです。

恋愛は、感情が基準となって進展するものですから、非常に難しい人間関係なの です。

そのため、自分は間違ってない。彼が悪い。といった主張をして、それが通ったとしても、

肝心の恋愛感情が消えてしまったのでは何の意味もないのです。

 

恋愛関係で好きな男性の心を動かそうと思ったときは

どちらが正しいかは問題としない事。

言葉にもメールやラインでも相手に投げる事がないようにしましょう。

上手く関係が 続けるために参考にしてみてください。

 

おすすめの記事