婚活女子は過去に執着しない事。

婚活のうまくいかない婚活女子にありがちなケース。

→婚活女子に気を付けてほしい言葉や行動

 

周りからみたら既に終わった恋をいつもでも追いかけている婚活女子。

別れた理由を追究し、

どうしてダメになってしまったのか。

→婚活において不必要なもの

最初は熱心なアプローチだったのが、何が原因で音信普通になってしまったのか。

などと、こういった恋愛を賞味期限切れと言います。

 

男性のほうからアプローチがすごくて、

女性はそうでもないといったパターンが多く、熱心に好意を寄せてくれて

いつの間にか女性の方が気になって仕方ない状態になってしまいます。

男性からの熱心なアプローチに戸惑いながらもうれしい経験があるかと思います。

どうして自分にそんなアプローチをしてくるのか。

自分のどこがそんなに気に入ってくれたのか。

もしかして遊びだったのか。

はじめから本気ではなかったのか。など考えて考えて前に進まない。

→モテる婚活女子になる言葉と動作をプラス思考に変える

 

今どきの婚活市場でも、恋愛はとても速いペースで進み、速いペースで終わる事が多いです。

これは手軽にできるマッチングアプリなどのサイトで女性が無料だったり、

男性も特典がついていたり。

手軽で始められるからこそ、あっという間に速いペースで終わってしまう事も原因であると

言い切れません。

実際に独身証明書なども不要なこともあって、実は既婚者だったなんてケースもあるのです。

→婚活のタイミングと自分に適した出会い方

 

最初は アプローチの勢いがスゴかった彼と半年後には音信不通。

これもよくあることです。

連絡がとれなくなった男性とは賞味期限が切れたのと思うようにしましょう。

終わった恋にしがみついているのは、自分だけですから。

終わった恋に執着して毎日寂しく考えてしまうと逆効果です。

彼に未練があるのではなく、彼に追いかけられていた頃の恋に未練があるのです。

きっと次の恋がはじまれば、賞味期限切れのお相手の事はあっという間に忘れる事ができるでしょう。

別れた理由を追究して悩んでいるのではなく、いずれは忘れてしまう恋には執着する必要はありません。

悩むよりも、婚活女子に必要なのは自分磨き

悩んでいる時間はありません。

→婚活を休む時

 

おすすめの記事