婚活女子は男性を見極める目を養う

婚活女子は男性を見極める目を養いましょう。

はじめに

婚活女子が考えるお相手の男性に求める年収。

 

結婚できない婚活女子は、男性に年収を求めすぎている可能性があります。

30代未婚女性の3・5%は男性に400万円以上の年収を求めているという結果が出ています。

このような結果は男性からしてみれば、

本当に自分のことを愛して結婚をしてくれているのかと不安になってしまいますよね。

 

でも、30代の未婚女性が求める400万円という年収は、

30代大卒男性の中小企業以上に勤めている男性の場合、平均450万円なのでクリアしています。

20代の男性は仕事にもプライベートにも余裕があり、

非常に魅力的な人が多いですから、20代の女性からアプローチをかけられている可能性があります。

アラサー、アラフォー婚活女子のライバルは20代の若い女性。

これは、かなり努力しなければいけないことがわかると思います。

 

あまりにも年収にこだわりすぎてしまうと、男性にドン引きされてしまい、

婚期 を逃す結果になる可能性もあるので、

収入に関してはある程度妥協することも大切 だということを忘れないようにしましょう。

 

年収が高くても低くても、お金のことについて、しっかりした考えを持っているかどうかが大切です。

共働きの夫婦なら、経済シュミレーションをしてみましょう。

そうして見えてくる生活費がわかりますので、収入があまり高くなくても大丈夫な事も

ありますので、年収の数字にこだわりすぎないようにしましょう。

 

また、婚活女子が思うダメな男性のとは。

具体的にどんな共通点があるのでしょうか。

・約束を守らない

・ドタキャンが多い。

・浮気性 ・経済力がない

・働かない

・ケチ

・女性をバカにしている

・マザコンである。

・暴力をふるう

このような共通点があります。

比較的このようなタイプの男性にはまってしまうのが

仕事が優先で大好きな婚活女子の傾向にあります。

経済力や社会的地位があってバリバリと仕事をこなす女性は

この人は私が守らないとダメだ。といった男性が癒しの存在なのです。

もしくは この人は私がいないとダメなのといったように

母性のような感覚になって可愛がってしまうこともあるでしょう。

 

しかしながら、経済的にも性格的にも自立したしっかり した女性が

ダメな男性を上手く自分の人生に活用するような強者も多いのも事実です。

ダメな男性のタイプでも、ケチだったり暴力をふるったり、

自分次第でもどうにもならない男性はしっかり見極めて悲しい結果にならないようにしましょう。

 

おすすめの記事