婚活女子はポジティブな言葉を選んで話ましょう

婚活女子の恋愛話。

婚活女子が自分の恋バナを他人にどういった傾向で語るか。

恋バナを語るのには2種切り口があり

一つは不幸系で語る口調で、もう一つは 幸せオーラ全開で語るかになります。

恋愛の話を誰かに話す時、婚活女子のあなたがどんな切り口で話するか。

幸せオーラ全開でラブラブに語るのか。

嫉妬でイライラした口調で語るのか。

実は、この言葉のチョイスがあなたの恋愛の命運を分けてしまいます。

 

言葉にすることが、自分の婚活を決めてしまうからです。

→婚活ではリフレーミングを使う

 

心配事の20%は現実化しないと言われているにも関わらず心配しすぎると、

心配事が現実化してしまうのです。

例えば、辛い別れをした過去の恋愛をいつまでも引きずって、

新しい恋をしているのにまた 同じ思いはしたくない。

どうしようと過去の辛い体験をリアルにいつも思いだしていると、

その想像が事実として脳に伝達されてしまい、実際に振られてしまう現象が起きて しまいます。

 

自分の婚活はうまくいかない。

もう結婚は無理なんじゃないかという思い込みのままの恋愛を繰り返し、

幸せな恋を一生掴むことができなくなってしまう。

ネガティブな経験を重ねて負のスパイラルに陥っているのです。

 

こうならないように語りは不幸系、不満や不安、嫉妬のない言葉で話すのが良いのです。

婚活女子は言葉や動作をプラス思考で発信するのです。

言葉や動作が変わることで、感情がおのずと変化してきます。

 

恋愛だけに限らず、過ぎ去った過去を思い出す時は、

できるだけ前向きに記憶を書き換えて思い出しましょう。

想像と言葉が人生を創っているとしたら、目の前に起こった事実は、あなたの想像と言葉が現実化しただけです。

 

人前であがってしまうと思い込んでいるから身体 がカーッとなって、本当にあがってしまうのです。

「失敗したらどうしよう」と思 い込んでいるから、身体がガチガチになって、本当に失敗してしまうのです。

自分が想像した自分しか存在しない。

これに気がつくかどうかで人生は大きく変 わりますし、自分が考えている自分にしかなりようがないのです。

だったら、とことんプラスのイメージを持った方がいいです。

誰かの評価 なんて関係なく自分が「幸せな恋愛をしている」と言葉にすれば、幸せな結婚ができますから。

 

せっかく前向きに婚活をしていても不幸系での語り口調、習慣が人生をつくってしまいます。

つい癖でマイナスなことを言ってしまうこともあるかと思います。

それでも言葉の最後にプラスになる事を追加してみてください。

 

婚活をしている自分にとって良い事を言ってみる事が成功のカギです。

おすすめの記事