婚活女子に読んでほしい理想的な女性像②

婚活女子に読んでほしい理想的な女性像①にもあるように

婚活女子の知りたい男性にとって理想的な女性とは

 

母性的であり、無邪気であるというこの両面を持ち合わせた女性です。

 

どちらかだけがあればと思いがちですが、いずれ飽きられて自分じゃなければだめ。

といった強い結びつきにはならないはずです。

男性が感じる 飽きた。一緒にいてももうおもしろくない。という気 持ちは、

女性の子どもっぽさによって補います。

 

ここで婚活女子に意識してほしい自由奔放さをもつ女性をカリスマカウンセラーさんが

まとめたものをお伝えします。

ちょっとワガママで、身勝手に男性を振り回し、自分の気分が向くと甘えて、

どうしたら自分の欲求が通るかを本能的に知っている、まさに邪気のない子ども。

可愛らしさやセクシーさの小悪魔力。

これを、、、内面的な峰不二子とも言います。

男性に当てはめてみましょう。

少年のような子どもっぽさと、あなたのためならなんでもしてくれる、

あなたを守っ てくれる究極の父性をあわせ持つ男性。魅力的ではないでしょうか。

 

1. 彼に食べたいものや行きたいところ、またはやりことを聞かれたら明確に願望を言う。

 

2. 彼が冗談を言ったときは、声を出して笑い、

一緒に食事をした際にはおいしい!と驚いたように表現する。

また、テレビで悲しいニュースなどを知れば大泣きし、彼が失礼な態度をとれば、スネて怒りを表す。

 

3. 人の好き嫌いを ときどき口にする。

 

4. 彼が得意とすることに自分も挑戦してみる。

 

5. 自分が褒めてほしいところや慰めてほしいところは、

彼が言ってくるのを待たずに自分から率直に聞いてみる。

その際には、彼に判断をゆだねることなく、決め打ちで聞き、彼がその通りに答えたら、心から喜ぶ。

 

6. 彼が忙しそうにしていたり、自分の時間を大切にしているにもかかわらず無邪気に割り込んでみる。

 

7. 1人で行って足りることも、わざわざ2人でやりたがる。

同じ時間にやらないと気がすまない(買い物、食事、歯磨き、読書、寝る 時間など)。

 

8. ときには人目もはばからず、積極的に抱きついたり、手をつないだりスキンシップ をはかる。

 

9. 彼に迷惑をかけない自分ルールは、

彼に「こうしたほうがいいんじゃない?」と促 されて「イヤだ!」と頑として譲らない。

 

10.  年齢に関係なく、新しいことへの興味は尽きない。

つねにワクワク笑顔で挑 戦している。

無邪気、率直、同調。

自分をアップ デートし成長し続けている女性は魅力的です。

 

このように、理想像②だけでは見方によってはわがままになってしまいます。

理想像①の母性との間ででうまく揺れて、男を不安にさせず、退屈もさせない女性を目指しましょう。

おすすめの記事