モテる婚活女子になる言葉と動作をプラス思考に変える

婚活中の女性に実践していただきたいこと。

これまでの苦しい婚活から抜け出すには実践あるのみ。

何を実践するかは、

モテる婚活女子になるために言葉と動作を変える事

 

まずは、明るく、元気に、おおらかに。

私たちが言う性格は決して生まれつきのものではなく、

これまでの経験からくる言葉や動作でつくられています。

過去にネガティブな経験があった事で、

あなたの言葉、表情、動作がネガティブになるのです。

そして、またネガティブな経験を重ねてしまい、負のスパイラルに陥っているのです。

そういった婚活女子が今さら急にポジティブな解釈をするのは難しいです。

ですから婚活女子は言葉や動作をプラス思考で発信するのです。

言葉や動作が変わることで、感情がおのずと変化してきます。

 

例えば、掃除を始める前、面倒くさいな、嫌だなという感情がある。

でも、テーブルだけと片付け始めると、感情がどんどん変化してくる。

気づいたら部屋中ピカピカにしてしまったという経験はないでしょうか。

 

婚活中でも思いは暗いまま、ネガティブなままでも良いのです。

思いを先に変えようとしたり、モチベーションを高めようとしたりするから 失敗するんです。

ネガティブ思考を変えようとせずに 言葉をプラスにするだけで良い。

というわけで、思いはほっておいて、言葉だけプラスに言い換えるということを 実践してみましょう。

トラブルを抱えたときに「 まずい 」

ではなくて、「 やりがいある 」

「最近、悪いことばっかり」だったら「 私、特別だね 」「 私ってきっと選ばれているんだ 」

と言ってください。

 

婚活していていつもいつもネガティブなことばかり言っていたら、

それを毎日聞いている人が影響を、被害を受けます。

せっかく前向きに婚活をしていても口癖が人生をつくってしまいます。

つい癖でマイナスなことを言ってしまうこともあるかと思います。

それでも言葉の最後にプラスになる事を追加してみてください。

今回の婚活デート、うまくいかなかった。自分には無理なのかな。

だけでなく、そのあとに、でも婚活を続けていれば良い事あるはず。婚活モテ期がくるかも。

婚活をしている自分にとって良い事を言ってみてください。

 

嫌なことがあったときにネガティブな感情になるのは、脳の自然な反応なのだそう。

嫌なことに対してネガティブな感情を抱く脳のメカニズムです。

ネガティブな気持ちになること自体は、なんら問題視すべきことではありません。

そして、脳にはダメージから回復する力があります。

「婚活デート、うまくいかなかったけど、アドバイスいただいて勉強になった」

とプラスに考え直すようなこと。

こうして、脳をダメージから回復させるのです。

そこを利用して婚活では、常に脳に良い事を上書きするように

言葉や動作を上書きしてみてください。

 

おすすめの記事