2回目の婚活デートに進む心理スキル

婚活デートでの会話

婚活デートでは婚活女子はお相手の男性が安心して会話ができるように

笑顔でうなづき、リアクションを大きくはもちろんの事

相手に合わせてコミュニケーションをとることが大切になってきます。

このようなコミュニケーションスキルをペーシングといいます。

 

特に婚活初回デートから意識して取り入れてみましょう。

→婚活初回デートのコツ②

婚活デートで取り入れたいペーシング

 

これは、話すスピード、トーン、大きさ、また動きのペースを合わせることを言います。

相手に安心感をもたせ、緊張を和らげる効果があり、

ペーシングの具体的な方法には、

 

「視線を軽く合わせる」

「同じ速さ、トーンで話す」

「相手の話を途中で遮らない」

「相手の言葉を繰り返す」などがあります。

 

同じペースの相手を、人は合うと感じます。

それなら このように意図的にペースを 合わせていったら、

気が合うな。と相手が知らず知らずのうちに好意を抱いてくれるはずです。

婚活デートでは会話の内容や話手の表情も相手に合わせると、より一体感を感じやすいです。

婚活デートで、男性ががすごく楽しく話をしているのに、つまらない顔をしていたら

距離を近く感じる。この人とは気が合うなとは思いません。

もっとわかりやすく言えば、

相手が悲しんでいたり、心を痛めた話をしているときに笑顔でいてたらいけません。

あなたの表情を見て、この人はわかってくれている。

自分と同じ思いなんだと感じるのです。

 

このペーシングには相手のしぐさや表情など、視覚情報を使ったスキルがあります。

婚活デートでミラーリングを使う

これは、相手の動作や静止しているときの手足の位置、

また呼吸などをまさに鏡のように合わせていくというやり方です。

食べるスピード、歩くスピード、動作のスピードを合わせることで親近感はわいてきます。

 

相手の警戒心を取り払い、安心感や親近感をつくり相手を尊重する思いから

さりげなく気づかれないように自然に合わせるのがポイントになります。

 

また、婚活デートでこれをここでやったら不自然ではないか。おかしいのではないかと違和感を感じたら

そのミラーリングはやめた方が良いです。

相手の話やすさへの配慮ですので、気付かれたら物まねをされて良い気持ちには

ならないでしょう。

 

このように婚活初回デートでは、男性の気持ちを良くしていくことが大切です。

知らず知らずのうちにたくさん話をしていたように、居心地の良さを作れるように

基本的な対応はしっかりしておきましょう。

婚活で初回デートをしたという事は、あなたのことを気に入っていたからです。

その先2回目の婚活デートに繋がらないの女性はぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事