婚活中のアラフォー女性で多いお悩み

婚活女子の傾向ですが、モテればモテるほど、 格上婚から遠ざかると言います。

自分が理想としている男性とうまくいくことがほとんどないのです。

全精力を傾けて、本命のみに力を注ぐ時間をモテていた自分に満足をしてしまっていたのです。

アラフォーの婚活女子からのお悩みはパターン化している事が多いです。

 

こんな内容です。

婚活中、10才は若く見られ、20代と間違えられます。

綺麗だ、美人だと言われてきました。

年上の男性から色気があると言われます。

既婚者から食事のお誘いが多くなりました。

独身男性からは全然声がかかりません。

婚活で若い男性からどうやって声をかけてもらえるようになるのでしょうか。

等、同じような相談があります。

 

既婚者の年上男性からみたらアラフォーはまだまだ若いのです。

若い女性と遊べるなら、甘い言葉 もささやきますし、お金も使います。

婚活女性からしてみたらオジさんにモテていると思っているようですが

そこには性的な欲求が含まれている事があるのです。

同年代に誘われないのは自分が結婚の視野に入れてもらえていないと考えた方が良いかもしれません。

 

男性に求められることは、心地よいことでしょう。

ですが、男性が寄ってくるのは当たり前のことです。

性的メリットを優先するがゆえに、男性はまったく脈の ない人を口説きませんし、

ご褒美を与えなければ去っていきます。

また、独身男性に人気のある女性と、オジさんたちに人気のある女性は一致しない事がほとんどです、。

独身男性に人気のある女性たちは「既婚者と食事に行ってもムダだから」誘いに応じないのです。

オジさんにだけモテて困っちゃうと嘆く婚活女性は、誘われることに固執している傾向にもあります。

男性からモテることに価値をおく婚活女性は、実は男性に求められることに固執しているので、

パワーバランスは男性のほうが上です。

実は自分がすがっている事がほとんどです。

モテるとは、引き寄せて抱え込むこと。

婚活で大事な事は、そのなかからひとりに絞り、ほかはきっぱり捨てること。

 

正反対の行為をしていることになるので、モテればモテるほど格上婚活は成功しなくなります。

今回のように悩んでいる婚活中の女性は特に、理想の男性との結婚をするために、

魅力をムダづかいせずその相手にかける事も大切です。

未来の夫に恥をかかせないため、危機管理意識をもって男性関係に注意して行動する。

理想の男性を探す婚活にはここで伝えたモテる要素は不要です。

 

おすすめの記事