婚活女子にみられる傾向

婚活女子は、男性に対して

彼が私のことをわかってくれないと言うことがあります。

結婚する相手には、自分を誰よりも理解してほしいと思うからでしょう。

男性にとってこの言葉はある種の暴力になります。

 

元カレよりいい人と結婚したい。

もう適齢期だから早く結婚してほしい。

家庭が複雑だったから、大事にしてほしい。

心配性だから毎日何度も連絡してほしい。

婚活女子にこういった要求はよくある話です。

 

自分の人生で欠けていたものを男性に求めてしまう気持ちはわかりますが、

男性と出会う以前に作られた傷を、男性に償わせるのは、 理不尽です。

借金を肩代わりしてほしいと言ってるようなものです。

交際を白紙にされても不思議ではありません。

 

けれど、借金の返済を迫る婚活女性はその横暴さに気づかない。

元カレに素の自分を出したら連絡がつかなくなった。

最初から結婚するつもりなんてなくて遊びだったんだ

私が適齢期を過ぎてるから結婚してくれない

私を理解してくれる人なんていないんだ

とネガティブになり、婚活女子特有の怒りと不安が積み重なっていきます。

 

そういった婚活女子の気持ちの問題・要求が多ければ多いほど、

男性にとって脅威なのは、言うまでもありません。

 

これまでの人生経験で、家庭環境や過去の恋愛で受けた傷 は、これから出会う人には何の関係もないので、

そこに求めてはいけません。

多くの婚活女性が、

そうだったんだ。かわいそうに。これからは自分が守るから。

と言ってくれる男性を待ち望んでいると思いますが、そんな人はいないと思っておいたがほうが良いです。

 

親との関係が満たされていない人ほど、パートナーに理想を強く求める傾向が あることは、

心理学で証明されています。

親への不満がパートナーへの理想に変わり、満たされない部分を相手に求めるのです。

婚活中に自分の要求が押しつけかどうかは、親を基準にチェックしてみると良いです。

親がしてくれなかったことを要求した場合、それは相手にすることではありません。

目の前にいる人、

もしくはこれから出会う人以外に与えられた不安や悲しみをその人に求めてはいけません。

こうした女性は男性から好かれません。

 

婚活に関わらず心にある不安のない人はまずいないでしょう。

どんな不安があるのか、傷を受けたのかを自分で理解して書きとめてみると良いでしょう。

自分を理解して、何を必要として相手に求めてしまっているのか。

どういった傾向にあるのか。

婚活をする中で、

自分の不安を相手がわかってくれないと理不尽になっていないかを見つめなおしてみましょう。

婚活女子必見。男性が別れを考える瞬間①

婚活女子必見。男性が別れを考える瞬間②

婚活女子必見。男性が別れを考える瞬間③

おすすめの記事