婚活において不必要なもの

婚活女子が婚活において、不必要なものとは…?!

 

婚活で必要な条件はよく聞きますが、婚活で不必要なものについてはどうなのでしょうか。

それは記憶力です。

男性があの時こういったと一言一句覚えていたりします。

記憶力が良い事はプラスなイメージがありますが、婚活においては、そうではありません。

女性の記憶力が、婚活においてマイナスに働く場面があるのです。

 

まずひとつ目は、男性からの別れの原因を追究する事。

 

一度したミスを繰り返さないというのは、勉強やビジネスの世界では基本的なことですが、

婚活においてはまったく意味がありません。

ある男性 にとって欠点なことが、違う男性にとっては魅力なこともあります。

また、その時の男性のコンディションによって、同じ女性をいいなと思うこともあれば、

そう思わないこともあるのです。

多くの既婚者が結婚は縁とかタイミングと言うのは、こういう理由からです。

婚活をする中で、仮に相手から、こういうところが嫌でしたという答えが返ってきたとしても、

それが本当かどうかはわかりません。

婚活で自分がお断りした男性から理由を聞かれても、もう関わり合いたくないから

無難な返事でお茶を濁したりします。

お断りされたのは単に合わなかっただけで、まったく気にする必要はありません。

 

2つ目は彼の言葉を真に受けすぎる事。

結婚も含めて、男性の語る将来の話はイメージのみで話すことが多く、

実際実現してからで十分です。

そこに対して実現する前にサポートをしたりすることは不要です。

また、男性を心配することも余計なお世話になります。

女性は、好きな相手のことが心配になりますし、自分が心配されたらうれしい気持ち になるでしょう。

しかし、男性にとっては意味がない事になります。

現実的な解決方法を指示してもらえるならともかく、心配されても困る。

心配されることがプレッシャーに繋がります。

伝説のホテルマンといわれた人が、サービスの秘訣を何もしないこと。と答えていました。

向こうから何か言ってくるのを待つのが、サービスの基本なのだ そうです。

これは婚活、結婚生活も同じこと。

婚活がうまくいかない理由を反省したり、男性をあれこれ心配するのは、一種の自傷行為です。

気にしないこと、何も言わないことを心がけましょう。

 

 

おすすめの記事