婚活デートで男性から弱みを告白されたら

婚活デートでは自分を良く見せたいものです。

男性は特に他者からの評価をとても気にします。

また、常に男らしくないと思っている婚活男性が多いものです。

 

そんな婚活男性から婚活女子が弱さの悩みを告白されたらどのような反応をすればよいか。

最も重要なのはその弱さを受け入れてあげることにあります。

 

婚活男性からのネガティブや弱み告白について

かわいそうだと同情したり、とても大切な話をさせてごめんねと謝ったり、

アドバイスをしたりするのは注意しないといけません。

受け入れていることを伝えるために、

そうだったんだと受け止め、

大切な話をしてくれて、ありがとうと感謝するだけで良いのです。

弱みに共感することと同情することは違います。

重いネガティブエピソードを聞くと、つい同情してしまいがちです。

女性が男性を同情する事で、

ネガティブな話をした事を反省してしまったり、気を使わせてしまった、言わなきゃよかったと

マイナスに考えてしまうのです。

そして、マイナスに考えることが、自分がダメなやつだと感じ

婚活中にせっかく知り合った女性との距離が開いてしまうのです。

 

特に婚活女子が気をつけることは、良かれと思ってアドバイスをする事です。

何か言わないとと考え、親切な気持ちで同調していっているのですが

これは必要ありません。言われている男性はアドバイスをありがとう。ではなく

良い気持ちをしていないことが多いのです。

男性の心の奥には弱さを受け入れてほしい気持ちがあるので、

結婚を意識した女性にこのようなネガティブな部分もさらけ出すことがあります。

それには男性が、この女性なら自分を受け止めてくれる存在と思えたからです。

一生を共にする女性には、特に弱さも受け入れてもらえる事が必要だと考えるのです。

 

共に生活をすれば、安心して弱音を吐く自分も

受け止めてもらいたいものです。

ですから、なおさら婚活していく中で弱さを受け入れてくれる女性であることが彼に伝われば、

結婚相手や本命彼女として意識するのです。

だからこそ、何度目のデートで女性から男性の弱みを引き出し、受け入れることが、大切なのです。

 

彼の心を開いて弱みを見せてもらうためには、まず自分から弱みを見せる必要があります。

ただ、弱みを見せると言っても、男性が困ってしまうようなことはNGです。

ネガティブだけれど笑えるオチのある話がベストでしょう。

逆に婚活男性が困ってしまうのは、容姿のことなどコンプレックスに対する弱みです。

婚活男性はなんと答えていいか分かりません。

解決策の提案もしようがなく、どうしても そんなことないよと言ってほしいのかな

という印象を与えてしまいます。

できるだけ過去にあった話題でお話するのが良いでしょう。

婚活トークに役立ててみてください。

 

 

おすすめの記事