婚活初回デートは聞き上手になる。

婚活初回デートでの会話について。

→婚活初回デートのコツ②

はじめに、婚活女子が婚活で初回デートをする上で知識がないので会話が難しいのではという女性がいますが、

これを気にする必要はありません。

婚活に関わらず普段から、男性は女性に教えてあげるといった行為を好みますので、

新しいことを教えてあげるという、少し上に立つような気持になる事が

男性の気分を良くすることにつながります。

特に内面的な男性の強さを持つ方ほどその傾向が強いと言われています。

男性は、なんだかんだ女性より上に立ちたい気持ちを少なからずは持っているものです。

婚活デートでは特に、女性は男性を上に立たせてあげるような気持ちで接すると良いでしょう。

 

男性は知的な女性を好みますが、知識がないことが恋愛対象にならないわけではありません。

知識の有無が頭の良し悪しではないからです。

実は、男性が考える頭が悪い女性というのは視野が狭い女性といいます。

下品な女性を指し、知識の有無はほとんど関係ありません。

男性が女性に求める知性とは、知識なのではなく

多様な価値観を受け入れられる視野と言われています。

そのため知識がなくても男性の話に興味を持って耳を傾け、共感できれば

それは男性のいう知的な女性であり、男性を心地よくできる素晴らしい女性なのです。

女性の考える知識とは違うのです。

婚活デートではこのことを頭に入れておくとよいでしょう。

 

また、初めての婚活デートで男性に安心してもらうためには、言葉や体の動きを大 きくリアクションを取ると良いと言われています。

言葉のリアクションは

共感していることが伝わる賛同的語句を使います。

体の動きで言うと、笑ったり、大きくうなずいたりします。

 

こういったことで男性は、しっかりと聞いてくれている。一生懸命だと感じ、

興味を持って聞いてくれていると安心感につながります。

このように言葉で聴覚的に、体の動きで視覚的に共感や楽しさを伝えると、男性は安心できるのです。

緊張していたり、自信がなかったりすると

どうしてもリアクションが小さく なってしまいがちですから、

少しオーバー気味を意識するくらいが相手から見ると ちょうどよく見えます。

うなずきながら話を聞くことや、笑う時に軽く手をたたくなど

ちょっとしたことでも充分好印象を与えることができます。

また、相槌の言葉で言うと、

聞き上手のさしすせそです。

さすが・しらなかった・すごい・センスが良い・そうなんだ

です。

初めての婚活デートでは相手の話を一生懸命に聞き、不自然にならないように相槌を打ちながら

話をしてみましょう。

 

おすすめの記事