婚活のための自分磨き

婚活女子が婚活のために、どんな趣味や自分磨きをするのは個人の自由です。

多趣味であるほうが、仕事につながることもあります。

婚活対策として、教養を深めるため茶道を習い、

身のこなしを美しくするためクラシックバレエを始めたり、

書道やボイストレーニングに時間を費やすのは、残念ながら婚活の効果はないでしょう。

婚活女子必見。男性が別れを考える瞬間①

 

自分磨きが好きな人は、極端に自分に自信がないので、

特殊能力をもたなければ、愛されないと思っていることが多いか、

頑張れば頑張ったぶんだけ報われてきた、という平等社会の勝ち組のどちらかが一般的です。

後者の女性が目指すのは“知的”というゾーンに属する自分磨き。

婚活をする上であればあるほど自分自身の安心感を得られるのではないでしょうか。

自分に自信がない人は「若さのように消えない実力を身につけたい」と考え、

勝ち組は「こんなことも知ってるあたしってすごい!」と知識欲を高めていくのです。

アラサーに突入すると、 「若い子には負けたくない」と、

急に知的系?の自分磨きをする女性が増えてきます。

 

婚活のために、茶道や書道、日本舞踊や着つけを始める子もいましたし、

ワインやアロマテラピ 、珍しいところではシガーに挑戦した子もいました。

が、現在のところ、独身が多いです。

男性と女性はモノのとらえ方が違い、

知的。という言葉からイメージすることも、オトコとオンナでは異なっています。

 

女性にとっての知的な女性。とは

学歴が高いとか、難関試験に受かっているとか、知識量が多い人を指すでしょう。

たとえば、東大卒女性は文句なしに知的枠です。

しかし、男性が 東大卒女性を「東大は、なんてすごい」とほめることはあっても、

*知的”と表現することはあまりありません。

 

その代わり、男性が知的であるという女性は

変なウケをねらわず、小難しい知識も混ぜてこないけれど、独特のユーモアがあること。

2つ 目は特定の誰かを責めないこと。

3つ 目は、コメントがほかの出演者の誰ともかぶらないことです。

この女性がこんなオリジナリティにあふれているコメントができるのは、

それ だけ相手の話をよく聞いているという ことでもあります。

これが男性のいう 知的”です。

婚活女子のみなさん、驚きましたか?

 

これ以外にも、男性に知的といわれる理由のひとつに

オトコの性的メリット々を存分に満たしているからこそ、

あの独特なコメントが“知的”と解釈されるのです。

つまり、男性に“知的”と呼ばれたければ、性的メリットを磨くこと、

端的 にいえばやや多めに肌を出すことがいちばんの近道といえるでしょう。

 

なので、知的、を目指す女子は、教養系のお稽古事などせずに、そのお金と

時間をレーザー脱毛に使ってムダ毛のない美しい肌をつくりましょう。

ある男性は、 「どんなにきれいな子でも、ムダ毛があると、それだけで醒める」 と言っていましたが、

これはおそらく多くの男性の本音だと思います。

 

婚活女子はすでにケアをしていると思いますが、ワキや腕と脚はもちろん、顔とうなじもマストです。

日本人の毛は黒いので、産毛が生えていると顔全体がくすんだような暗い印象になってしまうのです。

明日、突然海に行こうと言われても

まったく動じないカラダが実現したときが、

婚活女子の勝ち組『知的なオンナ』の完成したときです。

おすすめの記事