婚活でお見合いの返事は男性からしてあげる

婚活女性の心理的にもお見合いの答えは先手必勝男性からの答えが2回目の婚活デートにつながります。

結婚相談所などでお見合いが終わったら、仲介者を通じてお互いの意思交換をすることになります。そこでは、「もう一度会いたい」か「お断り」かの2種類の返事になります。

このタイミングで男性側から先に、返事をするのがコツです。 そのほうが、婚活が成功しカップルが誕生する確率が高いのです。なぜなら女性は特に初対面の人には警戒心が強くプライドが高くなります。もちろん男性には絶対に見せません。

女性に対して「ぜひ、もう一回お会いさせてほしい」と言う婚活男性と「まずあなたの返事を聞かせてください。その返事を聞いて、僕も考えて答えを出します」と言う婚活男性がいたらどうでしよう。

断然、男性側から先に好意を聞かされたほうが、女性もいい返事をしやすいに決まっています。と言うか女性の返事を聞いてからどうするか決めるという上から目線の返答はとても感じ悪いですね。

婚活女性にしてみれば、自分をスキと言ってくれる男性と「2 回目も会ってあげてもいい」という風に思うのです。それに、婚活女性から「また会いたい」と言ったのに、男性側から「僕はその気がないです」と返されたらその婚活女性はふられたショックよりも、プライドを傷つけられたショックのほうが大きいでしょう。

いくら婚活女性とはいえブライドが傷つくことを最も恐れているのです。これは恋愛における女性の特徴です。女性のプライドは、男性にしてみれば最大の敵でもあり、逆に言えば、プライドをくすぐることによって結婚への勝機は見出せます。

婚活では女性のプライドの持ち上げ方次第で、結婚はグンと近づくのです。つまり、婚活では女性を姫待遇をしてあげればいいのです!!姫待遇とは食事を奢ってあげる。高いものも買ってあげる。と言う事ではありません。

女性は「優しくしてくれる唯一の存在になる」事を望んでいます。

とは言え、第一印象が悪い男性からは女性側からお断りですね。

婚活では見た目と態度の両方が必要です。

おすすめの記事