婚活中は出会いセンサーを敏感にする

「結婚したくてもできない」

と同義語なのが、 「なかなか女性と出会う機会がない」です。

これは30歳を過ぎた独身男性共通の悩みのようです。

年を取るにつれて合コンの誘いも減り、社会人生活も10年経てば人間関係も一巡りしていて、今さら新たな出会いも望めません。

自然な男女の出会いを考えた場合、小・中学校に行っていたときは教室の半分は女性で、しかも隣りに座っていますから、自然に女性と出会えます。

学生時代に異性と出会う量を100 としたら、会社員になったばかりの20代はその半分。30代は10分の1くらいかもしれませんね。

ただでさえそうなのに休日にボーッとしていたら、あなたが女性と出会う確率はさらに減ってしまいます。

この現実に理解できますか?

結婚相談所にくる男性は「お金を払うんだから若い女性と結婚をしたい」とキャバクラにでも来ている感覚の間違った変な考えの人がいます。

男性の婚活において35歳くらいまでが20代女性と出会える可能性の高い時期だと思って下さい。

アラフォー男性が20代女性と結婚できる可能性は非常に低くなります。

つまり、若くて綺麗な女性とめぐり逢いたいのなら早めの婚活が重要だという事です。

毎日「出会いが無いと」と嘆いていても仕方ありません。

ではどうすればいいのでしょうか。

まずは、出会いの発想を変えましょう。

そして、出会いに敏感になりましょう。

それを拾い上げるためにアンテナを常に張り巡らせておくのです。

年とともに出会いが減っ ていくのは仕方ありません。

それならば、どんなささいな出会いのチャンスも見逃さないよう にすることです。

会社、家族、友人、趣味仲間はもとより、コンビニの店員さん、近所のカフェのお姉さん、大人になったからこそ接する異性っていますよね。

見る角度を変えて、これまで見落としてきた出会いの形を再検討してみてください。

こんなところから婚活をスタートしても構いません。

今まで気づかなかった出会いが、婚活センサーを高める事できっとあるはずです。

自分自身の表情にも気を使いましょう。

毎日無表情で怖い顔をしていては、周りは離れていく一方です。

婚活中は発言にも注意しましょう

ネガティブ発言をしたり、愚痴や不平・不満を言っている人を誰も相手にしてくれません。

あなたの口に出すことや行動はダイレクトに自分に返ってきます。

「紹介してあげようと思ったけど、なんか注文が多くて・・・しかもうまく行かなかったら文句を言われそう」

と思われたら最後、周りは絶対に出会いを運んできてはくれません。

そうじゃなくて、もし上手くいかなくても「紹介してくれてありがとう」と感謝を言えば相手の印象もかわりますよね?

「あの人は紹介がうまく行かなくても感謝してくれた」と感じもらえれば、

また次も誰か紹介してくれるかもしれません。 婚活は全てに敏感でなくてはなりません。 出会いを見逃さな事も大切だし、紹介してもらいやすい環境作りもとっても大切です。 婚活に需要な事はセンサー感度を上げてチャンスをできるだけ見逃さない事にあります。  
おすすめの記事